Menu ▼



コンテンツ


「おひとりさま」が病気になったときの留意事項

健康保険証を徹底活用

「健康保険証」は病院で提出するだけが目的ではなく、実は意外なところでも、この健康保険証が活躍してくれます。

皆さんも腰が痛いときなど、60分5千円〜6千円といった料金を支払って、マッサージを受けたことはないでしょうか。
いまや腰痛や肩こりは現代人の慢性病とも言われていますね。
地下鉄構内や商店街、オフィスビルの一角など、いたるところで「マッサージ」の看板を見かけます。


こうしたマッサージ店は、民間の「サービス業」ですから、公的医療保険は適用されません。安くマッサージをしてもらうにはクーポン券を入手するか、常連になってポイントをためるしかないでしょうが、実はマッサージにも健康保険証が使えることがあるのです。

まずは、こりや痛みなどの症状があるなら「整形外科」に行きましょう。

少し敷居が高いかもしれませんが、しっかり診断してもらうことで、ヘルニアなどの異常が見つかることもあります。整形外科によっては必要に応じて、マッサージや鍼治療も行ってくれますし、牽引療法や温熱治療なども受けることができます。

「整骨院」や「接骨院」という選択肢もあり、単なる肩こりや腰痛に対するマッサージは保険適用にはなりませんが、医療上必要と認められれば3割負担で施術を受けることができます。この場合、整骨院が本人に代わって保険請求が行えるよう、あらかじめ必要書類にサインする必要があります。

症状によっては、継続的に通うことが必要になることもあるでしょう。
街中のマッサージで、かりに1回5000円かかれば、週1回通っただけで1ヶ月2万円はかかります。施術者によっては、当たり外れもあるかもしれませんし、治る保証もありません。

病院や接骨院であっても当たりハズレがないとはいえませんが、少なくとも一定の資格を持った専門家が処置してくれます。コスト的にも割安となれば、使わない手はないでしょう。
予防的にマッサージやリラックス効果を期待するのであれば、健康保険は適用されませんが、症状がある場合には、一度相談してみると良いでしょう。




おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

「おひとりさま」が病気になったときの留意事項
検査や手術が必要なときの病院選びは
定期健診も大切ですが、それ以上にお医者さん選びも重要
ちょっとの風邪でも近くのお医者さんに看てもらおう
医師の言いなりにならないことも大切
おひとりさまの手術の承諾書はどうする
入院時の保証人はどうする
医療被害にあったときの対応
病気で死ぬときの尊厳は自分で守ろう
【医療費と保険の基礎知識】
高額療養費とは
高額療養費の請求
医療保険の入院日額はどれぐらいが目安
500万円の余裕資金があれば医療保険は必要ない
がん保険は必要か
医療保険は終身タイプが有利
特約はムダな場合もある
先進医療特約は本当に必要か
医療費は税金で取り戻せ
健康保険証を徹底活用



おすすめサイト


. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.