Menu ▼



コンテンツ

「おひとりさま」が病気になったときの留意事項

検査や手術が必要なときの病院選びは

おひとりさまの体調が悪くなったときに、「検査したほうがいい」と、いつも診てもらっている近所のお医者さんから言われたとき、そのお医者さんのすすめる病院は、たいてい近隣の中核病院でしょう。


かかりつけのお医者さんは「紹介状を書きましょうか?」と言ってくれるでしょうが、病気の可能性によっては、すぐに書いてもらうよりも、ちょっと待ってもらって、特定の病気の検査や治療の得意な病院を探すほうが、結果的にいいこともあります。

もちろん、ここでも口コミ・ネットワークでのリサーチは必要ですが、役立ってくれるのがインターネットです。

「地域・病名・専門医・口コミ」などキーワードを打ち込みますと、近くの大きな病院も含めて、もっと広い範囲での病院の治療内容や診療科目がわかります。



病院の評価についても、まるでミシュランのグルメガイドみたいに、星印で病院の評価まで掲載されています。

ただ、診療所や病院が関与したホームページはヤラセも多いので、評価や評判については、あまり信頼の置けないこともあります。

ですから、できれば、医療NPOページや自分自身の病気の可能性のある患者会や、患者や病気体験者のつくっているホームページやブログなどにアクセスして相談してみるほうが、利用者側の生の声が聞けて、より具体的な情報を得ることができるでしょう。



ですから、まずは、自分の思い当たる病気に照準を絞って、その病状に関する情報をいろいろと拾い集めて、総合評価をしたほうが、当たり外れが少ないのではないでしょうか。

あとは、自分が実際に適当だと思った病院に電話をかけ、いろいろと尋ねたり、そのときの対応の良し悪しなども考慮する必要があるでしょう。

そして、自分がいつもかかっている先生に、「○○病院は、ネットで調べてもいい評価があり、私の病気を診てもらえる診療科目もあるようですので、どうてしょうか」と尋ねてみるといいでしょう。

病気に関する勉強やリサーチをしっかりとして相談すると、かかりつけのお医者さんも、本音で教えてくれるかもしれません。

いずれにしても、かかりつけのお医者さんとは懇意にしておくことは大切です。






おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

「おひとりさま」が病気になったときの留意事項
検査や手術が必要なときの病院選びは
定期健診も大切ですが、それ以上にお医者さん選びも重要
ちょっとの風邪でも近くのお医者さんに看てもらおう
医師の言いなりにならないことも大切
おひとりさまの手術の承諾書はどうする
入院時の保証人はどうする
医療被害にあったときの対応
病気で死ぬときの尊厳は自分で守ろう
【医療費と保険の基礎知識】
高額療養費とは
高額療養費の請求
医療保険の入院日額はどれぐらいが目安
500万円の余裕資金があれば医療保険は必要ない
がん保険は必要か
医療保険は終身タイプが有利
特約はムダな場合もある
先進医療特約は本当に必要か
医療費は税金で取り戻せ
健康保険証を徹底活用



おすすめサイト

. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.