Menu ▼



コンテンツ

「おひとりさま」が病気になったときの留意事項

ちょっとの風邪でも近くのお医者さんに看てもらおう

生きていて一番心配したり不安になることは、普段健康であったものが急に腹部のどこかが疼きだしたり、急に怪我をして入院するようになったときではないでしょうか。

とくに、おひとりさまの場合には、ひとしお不安に思うのでは。


おひとりさまが元気旺盛なときは、だれも病気など考えることはなく、ひたすらシングルライフを楽しく謳歌しているでしょうが、何かの機会で少しからだの具合が悪くなると、だれもそばにいないので不安心理が増幅されます。


おひとりさまとは、砂上の楼閣で生活しているようなもので、いくら強がっても、心の脆さが出るものです。

インフルエンザにでもなろうものなら、相方がいないことを後悔し、どんな人でもいいから結婚していればよかったなどと、自分勝手な妄想を抱きますが、確かに、本当に具合が悪いときは、電話をかける気力もないし、ましてや病院を調べるなんてこともできる状況ではありません。

ひとりで生きているつもりになっていても、それができるのは元気なうちだけだということを痛感させられます。
ですから、病気になったときの対策のために、できるだけ近所のクリニックの先生と仲良くしておくことです。

遠くにいる立派なお医者さんでは意味がなく、近くのお医者さんが良いのです。
とりあえず、急場をしのげるお医者さんが近くにいてくれることが大切なのです。


おひとりさまの場合、緊急時に誰の助けも借りることができないことも想定して、這ってでもいけるぐらいの場所に病院があれば言うことはありません。

それともう一つのポイントとしては、そのお医者さんとふだんから親しくなって、かかりつけのお医者さんにしておくことです。

このためには、ちょっとした風邪でも行って治療してもらうとか、あるいは血液検査を定期的にしてもらうなど、何かとその病院を利用しておくことです。

そうすれば、在宅治療にかけつけてくれることだってあります。

問題なのは、おひとりさまでこの厳しい社会を乗り切ろうと思っているような人は、病気などに縁がなく、ふだんから健康である人が多いことです。

ですから、おひとりさまの安心料だと考えて、とにかく大した病気でなかっても、近くのお医者さんとは懇意にしておくことです。
花粉症なら、さっそく、病院に行ってみよう。







おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

「おひとりさま」が病気になったときの留意事項
検査や手術が必要なときの病院選びは
定期健診も大切ですが、それ以上にお医者さん選びも重要
ちょっとの風邪でも近くのお医者さんに看てもらおう
医師の言いなりにならないことも大切
おひとりさまの手術の承諾書はどうする
入院時の保証人はどうする
医療被害にあったときの対応
病気で死ぬときの尊厳は自分で守ろう
【医療費と保険の基礎知識】
高額療養費とは
高額療養費の請求
医療保険の入院日額はどれぐらいが目安
500万円の余裕資金があれば医療保険は必要ない
がん保険は必要か
医療保険は終身タイプが有利
特約はムダな場合もある
先進医療特約は本当に必要か
医療費は税金で取り戻せ
健康保険証を徹底活用



おすすめサイト

. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.