Menu ▼



コンテンツ

「おひとりさま」が病気になったときの留意事項

先進医療特約は本当に必要か

CМの影響があってか、「保険には既に入っていますが、先進医療特約が付いていないので、入り直そうかと思っています」などと考える人が増えているようです。

やはり、「健康保険が適用されない『先進医療』の技術料を1000万円まで保障します」などといった案内がなされている「医療保険」や「がん保険」の広告の効果でしょうか。「先進医療特約」が気になる方が多いようですが、果たして、必要な特約なのでしょうか。


先進医療というと、最先端の医療というイメージがあるようですが、決してそういうものではありません。先進医療特約がついてさえいれば、いわゆる自由診療と呼ばれる、公的医療保険がまったく使えない治療も保障してくれると思っている人が多いようですが、これは大きな勘違いです。

この特約が対象としている先進医療とは、厚生労働省により承認された高度な医療技術のことで、2011年の9月現在、92種類の医療技術を厚生労働省が認めた病院で受けることが条件になっています。

ところが、厚生労働省が特例として認めることで、同じ診療の中で健康保険が使える診療部分は健康保険を使いつつ、先進医療技術部分は全額自己負担する、いわゆる混合診療が認められています。

一部でも健康保険が使える分、全額自己負担しなければならない自由診療よりも自己負担が少なくて済む特例的な治療が先進医療なのです。


先進医療の費用は、数万円のものから、300万円近くかかるものもあり、この費用を補償してくれる特約の保険料が月数十円〜200円程度でかなり安いのですから、人気になるのもうなずけます。

ただ、保険料が安いということは、逆にいうと先進医療を受けることは滅多にないということでもあります。端的に言うと、先進医療を受けなければならない人は、確率的に相当低いということです。

保険料の高い医療保険に加入していて、もっと条件のいい医療保険に見直すついでに先進医療特約を付加させるということであれば問題ありませんが、すでにいい条件の医療保険に加入している人で、どうしても先進医療特約に加入したいという場合は、特約を中途付加できるかどうか、保険会社に問い合わせてみるのもいいでしょう。






おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

「おひとりさま」が病気になったときの留意事項
検査や手術が必要なときの病院選びは
定期健診も大切ですが、それ以上にお医者さん選びも重要
ちょっとの風邪でも近くのお医者さんに看てもらおう
医師の言いなりにならないことも大切
おひとりさまの手術の承諾書はどうする
入院時の保証人はどうする
医療被害にあったときの対応
病気で死ぬときの尊厳は自分で守ろう
【医療費と保険の基礎知識】
高額療養費とは
高額療養費の請求
医療保険の入院日額はどれぐらいが目安
500万円の余裕資金があれば医療保険は必要ない
がん保険は必要か
医療保険は終身タイプが有利
特約はムダな場合もある
先進医療特約は本当に必要か
医療費は税金で取り戻せ
健康保険証を徹底活用



おすすめサイト


. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.