Menu ▼



コンテンツ

「おひとりさま」が病気になったときの留意事項

病気で死ぬときの尊厳は自分で守ろう

たとえ「おひとりさま」でなくても、中高年の人たちが集まった会話となれば、「あっちが痛い、こっちが悪い」ということで、悪いところ自慢で盛り上がっているのではないでしょうか。


そして、最後に出てくるのが、「自分の命は自分で決める」というほどの決意はないにしても、「死ぬときは、延命措置などせずに、痛みだけなくして欲しい」という切なる願いです。

おひとりさまの場合、自分の意識が急になくなってしまったとき、「延命措置をして欲しいのか」「痛みだけを取り除いて欲しいのか」という意思確認ができなくなる可能性が多分にあります。

そうなる前に、自分の願いを実現する方法が一つだけあります。
それは「リビング・ウィル」を書いておくことです。



★リビング・ウィルとは

リビング・ウィルは生前遺言とも言われますが、実際は遺言のような法的効力のあるものではないし、まだ生きているうちのことなので、遺言や遺書とは別に書いておくものです。

リビング・ウィルをつくるのには、ふたつの方法があります。


ひとつは、もよりの公証役場で「延命治療をしないで欲しい」「緩和措置で苦痛を取り除いて欲しい」「植物人間状態になったら、生命維持装置を取り除いて欲しい」といった内容の「尊厳死宣言公正証書」をつくる方法です。

もうひとつは、尊厳死運動を続けている日本尊厳死協会の会員になって、「尊厳死宣言」にサインする方法です。

公正証書を作るには、インターネットなどで書式例を探し、自分で「尊厳死宣言公正証書」を書いて署名・捺印し、もよりの公証役場で公正証書にしてもらうだけでいいのです。

手続きを自分ですれば、3万円程度の証書作成手数料だけですみますが、弁護士などに頼んだ場合は、別途料金がかかります。

入院するときに、この公正証書を家族や親しい友人、弁護士などに預けておけば、必要になったときに医師に提示して、「本人の意思なので」と言うことができます。

日本尊厳死協会の会員になるには、協会のホームページなどを通じて資料請求すると、リビング・ウィルが送られてきます。それに署名・捺印して送付し、会費を納めれば会員登録とリビング・ウィル保管が完了です。




おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

「おひとりさま」が病気になったときの留意事項
検査や手術が必要なときの病院選びは
定期健診も大切ですが、それ以上にお医者さん選びも重要
ちょっとの風邪でも近くのお医者さんに看てもらおう
医師の言いなりにならないことも大切
おひとりさまの手術の承諾書はどうする
入院時の保証人はどうする
医療被害にあったときの対応
病気で死ぬときの尊厳は自分で守ろう
【医療費と保険の基礎知識】
高額療養費とは
高額療養費の請求
医療保険の入院日額はどれぐらいが目安
500万円の余裕資金があれば医療保険は必要ない
がん保険は必要か
医療保険は終身タイプが有利
特約はムダな場合もある
先進医療特約は本当に必要か
医療費は税金で取り戻せ
健康保険証を徹底活用



おすすめサイト

. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.