Menu ▼



コンテンツ

おひとりさまに必要なお金

資産と負債の管理をしっかり把握

おひとりさまの老後を支えるのは、足腰の強い体力と、日々の生活に必要な「お金」であるのは誰しも否定できないでしょう。

この健康管理と金銭管理がしっかりできていないと、おひとりさまの暮らしはいつ破綻するかわかったものではありませんが、まずは、命の次に大事な資産管理をしっかりしておく必要があります。


【資産管理】

@ 貯蓄は、金融商品の種類ごとに分けて、元金と現在高を書き出すといい。金融不況の影響でマイナスになっているものもあるかもしれません。

A すぐに出すことのできる現金と、現金化可能なもの、満期に現金化できるものに区別します。

B 生命保険、入院保険やがん保険なども、掛け金と保障額(入院時・発病時にはどの程度の保障が受けられるか)を書き出してみる。

C 持ち家があるなら、それも資産に組み入れる。ただし、すぐに現金化はできないし、現金化してしまえば、ほかに住むところが必要になり、家賃負担などが生まれることを念頭にいれておく。


【負債管理】

@ 住宅ローンがある場合は、毎月の返済額と借入残高も書き出してみる。

A その他クレジットなどで借金がある場合にも、負債残高と返済額を書き出してみる。

おひとりさまが、最後まで一人暮らしを貫こうとするならば、自分の資産と負債について正確に把握しておく必要があります。

もし、銀行に預金があれば、いつでもプロのファイナンシャルプランナーに相談にのってもらえますが、そうでなくても無料の資産運用の相談会などがよく開かれたりしていますので、こうした機会を利用して、あなただけの資産と負債のバランスシートを作成してもらうのもよいでしょう。

そしてファイナンシャルプランナーの分析結果などに耳を傾け、今後、お金がどれぐらい必要で、どう運用するのがいいのかを考える機会になり、老後のマネー管理も適切にできるようになるでしょう。

悔いのない老後の資金管理のためにも、お金のことは苦手などと思わず、金融に関する情報にもっと敏感になって、賢いおひとりさまになりましょう。




おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

「おひとりさま」に必要なお金
生涯シングルの場合のマネープラン
最大の問題は「ひとりの老後」をどうするか
おひとりさまの貯金の必要額は?
介護が必要になった場合の費用
年金はあてにならない
「終身タイプの医療保険」などで備えるのも手
人生にはお金だけで換算できないものがある
年金はアテにならなくても大切な老後資金
資産と負債の管理をしっかり把握
持ち家を担保にお金を借りる
【離婚した夫婦の財産はどう分けるの?】
夫婦の財産は原則平等
離婚時に住宅ローンの残っている家の取り扱い
熟年離婚の夫の退職金はもらえるのか
慰謝料はどれだけもらえるのか
熟年離婚で「おひとりさま」になった人の年金は
夫の死別でもらう年金と離婚の年金分割はどちらが多いか?



おすすめサイト

. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.