Menu ▼



「おひとりさま」を取り巻く状況


「おひとりさま」満喫の知恵


「おひとりさま」に必要なお金


持ち家は心の安定剤


「おひとりさま」の働く心構え


「おひとりさま」の日頃の準備


「おひとりさま」は危険が多い


介護されるときの心構え


人生最期の心得


相続と贈与について


おひとりさまに必要なお金

介護が必要になった場合の費用

おひとりさまの貯金の必要額は、持ち家を前提にすれば、約2,000万円程度必要としますが、これはあくまで、健康で体が丈夫であり、たいした病気もせず介護保険も使わずに人生の終末を静かに迎える場合です。



問題は、高齢になれば、誰にでも老いが忍び寄って病気にもなるし、最悪の場合は介護も必要になります。

不安を掻き立てるわけではありませんが、要介護になれば、いくら介護保険を利用しても自己負担は免れません。

しかも、その金額は相当なものになります。

家族のいる人なら、まだいろいろと選択の余地が広がる可能性はありますが、おひとりさまの場合は、非常に深刻です。

介護が必要になったとき、おひとりさまが在宅で暮らし続けるのは無理だろう。



なぜなら、たとえ介護保険を使えたとしても、24時間あなたを介護してくれるわけではありません。
食事や排泄の介助を毎日してくれるわけではないので、一人暮らしを続けることなどできないのです。

それでは、費用的にどれぐらいかかるのだろうか。


介護費用は、公的介護保険があるから安心と思っている方も多く、確かに利用者負担は1割で済みますが、公的介護保険の範囲外の部分では、自己負担分が発生しますので、注意が必要です。

要介護状態になった場合に、必要だと考える公的介護保険の範囲外(自己負担分)の月額費用のデータなどをみていますと、必要介護費用(月額)の平均は約19万円にもなるようです。

この金額が、介護期間だけ必要になり、とても大きな負担になります。






おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法


「おひとりさま」に必要なお金
生涯シングルの場合のマネープラン
最大の問題は「ひとりの老後」をどうするか
おひとりさまの貯金の必要額は?
介護が必要になった場合の費用
年金はあてにならない
「終身タイプの医療保険」などで備えるのも手
人生にはお金だけで換算できないものがある
年金はアテにならなくても大切な老後資金
資産と負債の管理をしっかり把握
持ち家を担保にお金を借りる
【離婚した夫婦の財産はどう分けるの?】
夫婦の財産は原則平等
離婚時に住宅ローンの残っている家の取り扱い
熟年離婚の夫の退職金はもらえるのか
慰謝料はどれだけもらえるのか
熟年離婚で「おひとりさま」になった人の年金は
夫の死別でもらう年金と離婚の年金分割はどちらが多いか?




おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
生まれ日で分かる性格診断
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
「いい人」を抜け出して「できる男」を目指そう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
男を落とす恋愛テクニック
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.