Menu ▼



コンテンツ


おひとりさまに必要なお金

最大の問題は「ひとりの老後」をどうするか

では、シングルの場合のマネープランは、夫婦世帯とどのように違うのでしょうか。

子どもがいなければ教育資金はいりませんが、人生の三大資金のうち、住宅資金と老後資金は、結婚している、しないにかかわらず、必要になってくるお金です。


自分ひとりの収入で、生活設計をしていくわけですから、収支のバランスを上手にとる自己管理も大切で、貯蓄は苦手などといってはいられません。

まず、住宅に関しては、マイホームを買うか、賃貸で我慢するかという問題もありますが、どちらにしても、住宅費は必ずかかるので、その分のお金は確保しておかなければなりません。

賃貸住宅の事情として問題なのは、独居老人には部屋を貸したがらない家主もいるということです。
これは年をとればとるほど、深刻な問題です。


シニア世代なら、兄弟もリタイアしていることでしょうから、保証人を探すのもひと苦労。


健康上の理由や防犯の面で敬遠されがちで、定職についていても、更新時に新たに賃貸契約が結べない人たちも、実際にいるようです。

逆に持ち家だからといって、一生メンテナンスが必要ないとは限りませんから、住宅ローンが終わったら、住宅資金はゼロというわけにもいきません。

こういった住宅事情も頭に入れておいたうえで、住宅を買うか、借りるかを考えることが必要でしょう。

次に住宅以外にかかる老後の資金ですが、備えておかなければならないのは、お金ばかりではありません。

健康を害し、体が思うように動かなくなったとき、頼れる人はいますか?

お金は必要ですが、お金だけでは老後を快適に過ごせません。

ふだんから兄弟や親族とのコミュニケーションをはかる、友達を作る、趣味を持って行動範囲を広げるなど、人生の後半戦を自分らしく生きるための準備を早くから始めましょう。




おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

「おひとりさま」に必要なお金
生涯シングルの場合のマネープラン
最大の問題は「ひとりの老後」をどうするか
おひとりさまの貯金の必要額は?
介護が必要になった場合の費用
年金はあてにならない
「終身タイプの医療保険」などで備えるのも手
人生にはお金だけで換算できないものがある
年金はアテにならなくても大切な老後資金
資産と負債の管理をしっかり把握
持ち家を担保にお金を借りる
【離婚した夫婦の財産はどう分けるの?】
夫婦の財産は原則平等
離婚時に住宅ローンの残っている家の取り扱い
熟年離婚の夫の退職金はもらえるのか
慰謝料はどれだけもらえるのか
熟年離婚で「おひとりさま」になった人の年金は
夫の死別でもらう年金と離婚の年金分割はどちらが多いか?



おすすめサイト

. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.