Menu ▼



コンテンツ

離婚した夫婦の財産はどう分けるの?

【夫に先立たれた場合】
U 夫が会社員、妻が専業主婦の場合

妻が厚生年金に加入していない場合でも、夫が会社員だった場合には、自分の老齢基礎年金に加えて、遺族厚生年金が受け取れます。

受給額は、原則として夫の老齢厚生年金の4分の3ですが、かなり大きな助けになることでしょう。


受給するためには、亡き夫が25年以上年金に加入しているか、保険料納付期間と免除期間の合計が、死亡時までに加入義務があった期間の3分の2以上あることが必要です。

会社員の夫の場合、年金保険料を納め忘れるということはあまりないと思いますが、転職などで空白期間がある場合には要注意です。

遺族厚生年金が受け取れるか受け取れないかで、その後の生活が大きく変わってきますので、夫の「ねんきん定期便」を毎年こまめにチェックし、態勢を万全にしておきましょう。


       夫の死亡
       ↓
妻の
年金
遺族厚生年金
老齢基礎年金 老齢基礎年金
夫の
年金
老齢厚生年金
老齢基礎年金






おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

離婚した夫婦の財産はどう分けるの?
夫婦の財産は原則平等
離婚時に住宅ローンの残っている家の取り扱い
熟年離婚の夫の退職金はもらえるのか
慰謝料はどれだけもらえるのか
熟年離婚で「おひとりさま」になった人の年金は
夫の死別でもらう年金と離婚の年金分割はどちらが多いか?
【死別・離婚で生活はどうなる】
T 結婚時から共働きで、妻も厚生年金に加入していた場合
U 夫が会社員、妻が専業主婦の場合
V 夫が自営業の場合
熟年離婚にかかるお金
熟年離婚は得か、損か
熟年再婚に問題はないのか



おすすめサイト


. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.