Menu ▼



コンテンツ



離婚した夫婦の財産はどう分けるの?

【夫に先立たれた場合】
T 結婚時から共働きで、妻も厚生年金に加入していた場合

夫が定年退職すれば、受け取れる公的年金も最終的には二人分になりますが、もし夫が亡くなって、あてにしていた夫の年金がなくなってしまったら、どうなるのでしょう。

平均寿命から考えると、統計的にも女性のほうが男性よりも寿命が長いわけですから、夫に先立たれた場合、その後の妻の公的年金がどうなるのかをしっかり勉強しておきましょう。

これには、いろいろなケースが考えられますので、それに応じて検討してみましょう。


結婚時から共働きで、妻も厚生年金に加入していた場合

夫が亡くなっても自分の老齢厚生年金があります。

もし妻が65歳になる前に、夫が死亡した場合には、自分の老齢厚生年金か、夫の遺族厚生年金のうち、金額の多いほうを受け取れます。

65歳以降では、妻の老齢厚生年金よりも夫の遺族厚生年金が高ければ、妻の老齢厚生年金に加え、その差額を受け取れます。

また。国民年金にも、遺族基礎年金があります。ただし、遺族厚生年金ほど厚くなく、支給されるのは、18歳未満(高校卒業までの子)の子がいる妻とその子どものみです。もし18歳未満のお子さんがいれば、給付対象になりますが、そうでなければ保障はありません。

       夫の死亡
       ↓
妻の
年金
遺族厚生年金
老齢厚生年金 老齢厚生年金
老齢基礎年金 老齢基礎年金
夫の
年金
老齢厚生年金
老齢基礎年金
※遺族厚生年金は、本来もらえる金額から老齢厚生年金の金額を引いた差額分だけ支給される






おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

離婚した夫婦の財産はどう分けるの?
夫婦の財産は原則平等
離婚時に住宅ローンの残っている家の取り扱い
熟年離婚の夫の退職金はもらえるのか
慰謝料はどれだけもらえるのか
熟年離婚で「おひとりさま」になった人の年金は
夫の死別でもらう年金と離婚の年金分割はどちらが多いか?
【死別・離婚で生活はどうなる】
T 結婚時から共働きで、妻も厚生年金に加入していた場合
U 夫が会社員、妻が専業主婦の場合
V 夫が自営業の場合
熟年離婚にかかるお金
熟年離婚は得か、損か
熟年再婚に問題はないのか



おすすめサイト


. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.