Menu ▼



「おひとりさま」を取り巻く状況


「おひとりさま」満喫の知恵


「おひとりさま」に必要なお金


持ち家は心の安定剤


「おひとりさま」の働く心構え


「おひとりさま」の日頃の準備


「おひとりさま」は危険が多い


介護されるときの心構え


人生最期の心得


相続と贈与について


人生最期の心構え

秘密証書遺言の特徴について

公正証書として残しておきたいが、中身はだれにも知られたくない、というときに使われるのが「秘密証書遺言」です。



これは遺言者が、遺言書を自分で公証役場に持っていき、確かに本人の遺言書だということを、公証人に証明してもらうものです。


秘密遺言証書は、自筆証書遺言のように、中身が改ざんされたり、隠匿されたりするリスクがありません。

内容も秘密にできますが、遺言者が亡くなったあと、家庭裁判所で検認してもらう必要があり、「自筆証書遺言」と同様の内容を満たしていないと、無効になる可能性があります。

自筆証書遺言は自筆が条件でしたが、秘密証書遺言はワープロ書きでも問題ありません。
ただし、署名・捺印(実印でなくてもいい)は遺言者自身が行う必要があります。



遺言者は封筒に入れ、遺言者に押したのと同じ印鑑で封印します。そして、ふたり以上の証人を連れて、その封筒を公証役場に持っていきます。

公証人は、遺言書を持ってきた日付と、遺言者が「私の遺言書に間違いありません」と申し立てたことを封筒の表に記載し、遺言者・証人といっしょに署名・捺印します。

こうした手順を踏んで、それが秘密証書遺言だということが証明されます。
遺産額は遺言者以外にはわからないので、手数料は一律1万1000円となっています。

特徴  遺言の「内容」を秘密にして、遺言の「存在」のみを公証人役場で証明してもらう
注意点 ・パソコンの使用、代筆が可能(ただし、自筆の署名、捺印が必要)
・封入・封印が必要
・2人以上の証人が必要
メリット ・遺言書の「内容」を他人に秘密にしたまま、遺言書の「存在」を明らかにできる
・遺言書の偽造・変造の心配がほとんどない
デメリット ・作成時に公証人を利用しなければならないため、面倒な手続きと費用がかかる
・公証人は遺言の「内容」まで確認をするわけではないので、遺言としての要件が欠けてしまう場合もある
・執行時に家庭裁判所の検認の手続きが必要となる
・遺言書の滅失・隠匿の心配はある






おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

人生最期の心得
「おひとりさま」最期の心得
あなたの遺産はどうなる
あなたの終末期は自分で決めておこう
もしもの時のエンディングノート
断捨離を心がけよう
葬儀のこだわりは事前の準備を
死後のしまつも考えておこう
【遺言書について】
おひとりさまは遺言書で主張しよう
相続トラブルを回避するためにも遺言書は必要
自筆証書遺言の特徴について
公正証書遺言の特徴について
秘密証書遺言の特徴について




おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
生まれ日で分かる性格診断
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
「いい人」を抜け出して「できる男」を目指そう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
男を落とす恋愛テクニック
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.