Menu ▼



「おひとりさま」を取り巻く状況


「おひとりさま」満喫の知恵


「おひとりさま」に必要なお金


持ち家は心の安定剤


「おひとりさま」の働く心構え


「おひとりさま」の日頃の準備


「おひとりさま」は危険が多い


介護されるときの心構え


人生最期の心得


相続と贈与について


おひとりさまは危険がいっぱい

敷金トラブル

アパートやマンションを借りていて一番トラブルになりやすいのが、敷金関係ではないでしょうか。



部屋を借りて、いざ入居しようとするときには、敷金とか礼金が必要になる場合があります。

礼金というのは不思議な制度で、法律的には支払い義務などまったくないのに、昔からの慣習で残っているようです。

敷金のほうは、家賃を保証するために支払われるもので、契約終了時に、払われていない家賃などがあるときは、その差額を差し引いてもいいとされています。

ですが、家賃を滞納しない限り、引越しをするときには戻ってくるはずの敷金が、なんだかんだと理由を付けられて戻ってこなかったり、逆に「原状回復費用」として何十万も請求された、という経験をした人も少なくありません。

これらに納得できないときには、国土交通省から「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」が出されているので、参考にされると良いでしょう。



○ このガイドラインのポイント


@ 原状回復とは
原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、その費用は賃借人負担としています。そして、いわゆる経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとなっています。
ですから、原状回復は、賃借人が借りた当時の状態に戻すことではないことを明確化。

A 「通常の使用」とは、
たとえば、壁に貼ったポスターなどの跡、家具を 置いたことによるへこみ、日焼けによる畳やクロスの変色などといったものです。
ただし、色が気に入らないからと、勝手にペンキで塗り替えたり、タバコで床や畳に焼け焦げをつくったり、借主が掃除をしなかったために、壁がシミやカビだらけになった、というようなときには、その修理費用は原則的に借り手が、ダメージを与えた部分だけ支払うものとされている。






おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法


「おひとりさま」は危険がいっぱい
住宅トラブル
敷金トラブル
急増する年金保険、生命保険のトラブル
詐欺商法には要注意
マンションへの投資はやめておこう
老後の資金計画はアテにならない
消費生活のトラブル相談は早めに
こんなケースは契約を無効にできる
クーリングオフを知っていますか
自動引き落としは、定期的にチェック
クレジットカードには気をつけよう
おひとりさまは気づかないうちに買い物依存症に
おとりさまで借金で首が回らなくなった場合
どうにも行き詰ったら自己破産
どうしても困窮したときは生活保護も視野に入れよう




おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
生まれ日で分かる性格診断
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
「いい人」を抜け出して「できる男」を目指そう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
男を落とす恋愛テクニック
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ

. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.