Menu ▼



「おひとりさま」を取り巻く状況


「おひとりさま」満喫の知恵


「おひとりさま」に必要なお金


持ち家は心の安定剤


「おひとりさま」の働く心構え


「おひとりさま」の日頃の準備


「おひとりさま」は危険が多い


介護されるときの心構え


人生最期の心得


相続と贈与について



おひとりさまは危険がいっぱい

どうにも行き詰ったら自己破産

「自己破産」というのは、多額の借金で苦しんでいる人を救済し、ふたたび立ち直るチャンスを与えるために国がつくった制度です。



返済のあてになる収入や財産がないのに、自分の年収の倍を超える負債があるような人は、法的手続きを利用して、経済的な再生を検討したほうがいいかもしれません。


ただし、自己破産は清算手続きですので、持ち家など金に換えることのできるものがあれば強制的に処分されてしまいます。しかし、債務者の最低限の生活は保障されているため、生活するうえでの必要最低限の家財道具は取り上げられることはありません。

家などの財産は、破産管財人によって売却されるか競売にかけられます。とはいえ、すぐに家を追い出されるわけではなく、新しい買い主が現れるまでは、住み続けることができるようになっています。

破産手続き開始決定を受けても、戸籍や住民票には記載されることはないから、子どもの就職や結婚などに影響が出ることはありません。
裁判所から勤務先の会社に連絡が行くこともないので、会社をクビになる心配もありません。


ただし、自己破産をすると、信用情報機関のブラックリストに登録されてしまいます。



期間はおよそ5〜10年で、ブラックリストに載ると、その期間は銀行やサラ金からの借金はできないし、クレジット会社からカードの発行も受けられませんので、注意が必要です。

ですが、銀行や郵便局への預金や、公共料金の引き落としまでができなくなるわけではないから、生活はきちんと続けられる。

自己破産の申し立てから免責決定までは、およそ半年と言われていますが、裁判所や個々の事情によって多少の違いがあります。

自己破産の手続きについては、もよりの地方裁判所に相談するといいでしょう。

ですが、自己破産をしたあと、ヤミ金にふたたび手を出したり、友人に借金をしまくるなど、借金グセが直らない人も少なくないようです。

最近は、激増する多重債務者を支援するために、行政でも相談窓口を設け、弁護士と提携して解決に当たるところも増えています。

多重債務で困ったときも、知り合いに弁護士や司法書士がいないときは、役所の生活相談課などに相談してみたらどうでしょう。






おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法


「おひとりさま」は危険がいっぱい
住宅トラブル
敷金トラブル
急増する年金保険、生命保険のトラブル
詐欺商法には要注意
マンションへの投資はやめておこう
老後の資金計画はアテにならない
消費生活のトラブル相談は早めに
こんなケースは契約を無効にできる
クーリングオフを知っていますか
自動引き落としは、定期的にチェック
クレジットカードには気をつけよう
おひとりさまは気づかないうちに買い物依存症に
おとりさまで借金で首が回らなくなった場合
どうにも行き詰ったら自己破産
どうしても困窮したときは生活保護も視野に入れよう




おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
生まれ日で分かる性格診断
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
「いい人」を抜け出して「できる男」を目指そう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
男を落とす恋愛テクニック
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ

. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.