Menu ▼



コンテンツ

おひとりさまが日ごろから準備しておくこと

おひとりさま同士のネットワークづくりを

平成11年3月に起きたあの東日本大震災で分かったように、今後も、いつ大地震とか大洪水、あるいは大津波がやってくるかわからないのがこの無情の世界なのだ。


ですから、自分の生きている間は何もないと思ったら大間違いで、自然は人間の都合では動いてくれないのです。

災害が発生したときの状況を少し想像していただければ、家族といっしょに生活している人は、お互いに励ましあい、乗り越えることもできるでしょうが、おひとりさまはどうでしょう。

緊急時は、自分の家族のことで頭がいっぱいで、他人のことまでかまってあげる余裕などありません。
ひとり暮らしの人は、周囲とのコミュニケーションも取りにくく、じっとひとりで耐えしのぶしかありません。

怪我でもして出られないときは、人に助けを求めることもできません。
水でもなくなったら、自分で必要な場所まで取りに行かざるを得ません。

家が倒れて外に出られなくなることがあるかもしれません。

家族があれば助け合えますが、おひとりさまは、すべてを自力でやらねば命さえも危ないことになるのです。


災害のときこそ、おひとりさまは、家族のありがたさや必要性を感じさせられるのではないだろうか。
確かに、あの東日本大震災の教訓から結婚するカップルが増えたと漏れ聞いていますが、もっともなことでしょう。

おひとりさまは、災害があれば、安否すら分からなくなる可能性があり、本当に困るものです。

あなたの心の不安を少しでも解消するためには、災害のときに助け合えるような仲間作りをすることです。
お茶やショッピングをするときの仲間ではなく、いざというときに助け合える仲間作りをするのです。


まずは、あなたからおひとりさまの友だちに声をかけてみるのです。
何でもそうですが、人がやってくれるのを待っていたら、何も始まりません。いいと思ったことは、自分から率先してやることにより、幸せにつながるのです。

おひとりさまは全員災害に対しては不安なのだから、あなたが、「災害のときに、せめてお互いの安否が確認できるようにネットワーク作りをしようよ」と言い出せば、誰もがあなたの話に目を輝かせて乗ってくるのではないでしょうか。
みんな不安なのです。

ネットワークは、ふだんから親しくしている必要がありますので、できるだけ少人数とし、コミュニケーションを図るため、食事会をしたり、カラオケに行くなど、日ごろから親密になっておきましょう。



おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

「おひとりさま」が日頃から準備しておくこと
おひとりさま同士のネットワークづくりを
「おひとりさまは気楽だ」と言っても一人では生きられない
おひとりさまは新しい友だちづくりが大切
友人のネットワークは何よりも大切
インターネットやメール交換を活用したネットワークづくり
孤独を感じる時間のつぶし方
さみしいときには親しい相手にグチを言おう
人とのバランスの良いつき合い方は付かず離れず
聞き上手の話ベタはみんなに好かれる
近所への挨拶は最高のコミュニケーション
年末年始は人を自宅に招待しよう
公的支援制度 日常生活自立支援事業
公的支援制度 成年後見制度
介護保険の活用も考えよう
健康づくりは楽しみながら
「みまもり家族制度」を知っていますか?
おひとりさまの認知症対策は
【おひとりさまが病気になったとき】
検査や手術が必要なときの病院選びは
定期健診も大切ですが、それ以上にお医者さん選びも重要
ちょっとの風邪でも近くのお医者さんに看てもらおう
医師の言いなりにならないことも大切
おひとりさまの手術の承諾書はどうする
入院時の保証人はどうする
医療被害にあったときの対応
病気で死ぬときの尊厳は自分で守ろう



おすすめサイト


. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.