Menu ▼



コンテンツ

おひとりさまの持ち家は心の安定剤

シングル女性がマンションを選ぶときの留意事項

「一生ひとりかもしれない」と思ったときに、現在の住居費は高くてもったいないから老後の安心のために、家を買っておきたいという強い動機が起こるようです。


シングルの場合、ひとり分の年金で生活していく中で家賃の負担は大きいものなので、老後も家賃を払い続けることに不安を感じている人は多いでしょう。

住まいを確保しておくことは安心を買うというとでもあるのです。

最近は頭金なしでも借りられるローンが増えたことや金利上昇の懸念があることから、頭金を貯めるよりも気に入った物件があったら今のうちに買うというのも1つの選択肢になっています。

頭金を貯めている間に金利が上昇すると、その分利息が増えてしまい、
せっかく貯めた頭金の分も相殺されてしまう可能性があるからです。

でも、きちんと貯蓄ができていない状態では、多額の負債を背負っていくのに足元が不安定です。
不測の事態で収入が減ったりしたときに、貯蓄があればローンを払うこともできますが、そうでないと即返済不能になります。

また、貯蓄する習慣があればある程度貯まった時点で繰上げ返済をし、早くローンを返すこともできます。


マンションを買いたいと思っている人はそれらのことも考慮し、まずは健全な家計に改善して、購入に向けての資金計画を立てていきましょう。

いざ、買うときには、価格が大切なポイントであることに変わりはありませんが、それ以上に重視しなければいけないのは利便性なのです。

最近は、「エリア重視」は年々上昇しており、シングル女性にとっては、「最寄り駅からの時間」が最優先事項で、次いで「通勤アクセスのよいエリア」というのがポイントになっています。

子供あり世帯は「住居の広さ」や「生活環境のよさ」を重視しているのに比べると、シングル世帯は利便性重視という傾向がみられ、転職、結婚などライフスタイルが変わったときに「貸しやすい」物件という意味でも、利便性を重視して選んでおくのは賢い選択ではないかと思います。

いくら立派なマンションを買っても、駅から遠いと、売るのに時間がかかって、いざというときに役に立ちません。
駅に近いと、一般的に売りやすいことと、たとえすぐに売れなかったとしても、借り手を見つけることがたやすいからです。

シングル女性にとっての精神的支え、あるいは経済的支えになるためにも、駅から近いところを選択しましょう。




おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法

おひとりさまの持ち家は心の安定剤
持ち家はあなたの心の安定剤になる
自分の家はあなただけの自由空間
シングル女性がマンションを選ぶときの留意事項
パラサイト・シングルで気をつけたいこと
人間はひとりでは生きられない
自立した女性には異性縁が増える



おすすめサイト

. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.