Menu ▼



「おひとりさま」を取り巻く状況


「おひとりさま」満喫の知恵


「おひとりさま」に必要なお金


持ち家は心の安定剤


「おひとりさま」の働く心構え


「おひとりさま」の日頃の準備


「おひとりさま」は危険が多い


介護されるときの心構え


人生最期の心得


相続と贈与について

「おひとりさま」を取り巻く状況

住む家の確保が大切

離婚したあと、最初に問題となるのが、住む場所ではないでしょうか。

協議や調停、あるいは裁判がうまくいって、そのまま現在の住居なりマンションに住むことが可能であるなら問題はないでしょうが、一般的にはどちらかが家を出て行く必要があり、新しい住居を探す必要が出てきます。



お金があれば、問題はないと思われるかもしれませんが、熟年離婚でおひとりさまになったようケースで、新しい賃貸住宅を探すとき、「独身」「定職なし」とくると、不動産屋が難色を示すということです。

不動産屋は家賃の滞納を心配しているのですから、「不動産を持っているしっかりした保証人」が必要です。離婚するまでに見つけておきましょう。

保証人がどうしても見つからないときは、行政の住宅担当窓口で相談するのも手です。行政では、公営住宅もあるので、おひとりさまを優遇してくれる制度があるかもしれません。

さらに、行政にはいろいろなサービスが用意されており、新しい住居を探したいがお金がないという場合には、市区町村から無利子・低金利の「生活資金貸し付け」のための制度が用意されているはずです。

一番いいのは、親との関係が悪くないときには、実家に戻るというのも、ひとつの選択肢です。実家なら、働きに出ることも可能ですし、子どもの面倒も見てもらえるでしょう。その間に、これからの人生設計をゆっくり考えればいいのです。

★家やマンションをもらったときの注意事項



●名義変更はしっかりと

財産分与で、いままで住んでいた家やマンションをもらったときには、不動産の名義がだれになっているのかを確認しておくことが大切です。
あなたが夫から、住宅ローンの残っていない家をもらったときは、名義変更をしっかりとしておきたい。そうしないと、元夫に権利が残ってしまうこともあるし、ことによっては、元夫が、自分が知らないあいだに家を売ってしまう、というケースもあるので、注意しましょう。

★名義変更の手続きには登記費用が必要

この費用はもらった不動産がいくらなのかという「評価」によって変わってきます。手続きを司法書士に頼めば、このほか3万円〜5万円が必要です。また、分与額が多い場合は贈与税がかかることもありますので、これらの費用をどちらが出すかも、離婚前に取り決めしておいたほうがいいでしょう。
家やマンションをもらっても、ローンがまだ残っていたら、その支払いに追われることもあるので、もらうばかりがトクとは限りません。





おすすめサイト
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
健康で長生きできるヒント集
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
生活習慣病とストレス解消法


「おひとりさま」を取り巻く状況
気がついたら「おひとりさま」だった
女性はみんな「おひとりさま」
「おひとりさま」になる確率の高い女性
離婚の危機はいつも背中合わせ
女性の本質が発揮されれば幸福になる
おひとりさまの将来に対する不安
おひとりさまは親の世話がまわってくる
【離婚を思い立った女性へのアドバイス】
熟年離婚もそうでない離婚もおひとりさまの仲間
離婚を決意させる原動力はなんでしょう
性格の不一致の離婚ってどういうこと?
離婚の前に家庭内別居も視野に入れておこう
スムーズに離婚するにはお金の準備が先決
離婚に向けてのスタートは協議離婚
協議離婚が無理なら調停離婚
調停離婚がダメなら離婚訴訟に
有利な離婚は弁護士との上手なつき合いから
離婚後の生活をしっかり考えておこう
住む家の確保が大切
生活費の確保をしっかり考えておこう
 (参考) 離婚の種類とフロー図




おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
生まれ日で分かる性格診断
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
「いい人」を抜け出して「できる男」を目指そう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
男を落とす恋愛テクニック
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
. 
Copyright(c)2014 おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策 △TOP all rights reserved.